奥付

       発行 大谷派本願寺
       朝鮮開教監督部

       昭和二年十月発行

 
 



次 の 隠 れ 処



一心寺トップページへもどる

住職の隠れ処にもどる


一心寺開教のあゆみ  韓国・鎮海 


    『朝鮮開教五十年誌』
     

  当寺門徒の上尾市林さんから、
 「大谷大学」の図書館に
鎮海時代
 「一心寺」の開教が記載されている
 本があるはずだと聞いた。
 その本を閲覧しに京都へ行き写真
 を撮らせてもらった。
 
 昭和二年十月の発行。
  前住職柳了堅は、鎮海を尋ね
 往時の面影が残る付近の様子を
 撮ってきが、保存が悪く無くし
 てしまった。 
  私は4回ほど現地へ行きました
 が、60年前の当時のことを知って
 いる人は見つからなかった。
 
  一心寺開基 柳説真は、
 三重県菰野町の出身で、北
 方四島の色丹島などで開教
 後、韓国の日本の海軍港で
 あり日本人町があった鎮海
 へ渡りました。
  私も子どものころ祖母から
 「鎮海幼稚園」の話を聞いて
 いたが、このような貴重な写
 真が残っていてよかった。
  
 (一番下の写真)
 
  
  「鎮海一心寺」の記事

  「明治四十五年三月
  柳説真師の創設にかかり、
 爾来柳説真師の経営によって、
 今日に及ぶとある。」
 
  母 真佐も園児の中に入って
 写真の中にいるのではないか。
  この事について前に母から
 もっと聞いておけば
よかった。
  現在八十七才ですがもう聞く
 すべはありません。