トップページへ
仙台市博物館 七夕飾り

 仙台市博物館では 毎年七夕シーズンになると エントランスホールに七夕飾りを飾っています。以前は他の和紙が使われていたそうですが、ぜひ地元の和紙でということで 10年ほど前からは柳生和紙が使われるようになりました。一枚一枚手で漉かれた和紙を 博物館の職員の方の手で一枚一枚丁寧に草木染めし、七夕飾りがつくられます。私たちは草木染めした和紙を乾かしているところを見させていただきました。 
基本の3色からこんなたくさんの色を染めるそうです 染めた和紙をかわかしているところを見させていただきました