相  続

  知っているようで、いざその時には慌ててしまう。
 
 相続を経験された方のご意見です。まさに、その通りだと思います。相続手続は葬儀等が終わりご遺族の方が少し落ち着か
れた頃に、話し合いを持たれたほうが良いと思いますが、法定期限が設けられているものもありますのでご注意ください。

相続手続
相続の流れ
3ヶ月
以内
死亡・相続の開始
死亡届の提出
年金の手続、金融機関へのお届けもお忘れなく
遺言の調査・確認 
公正証書遺言でない場合は、家庭裁判所での検認を受けます
相続人の調査
戸籍・原戸籍・戸籍の附票などを参考に
相続人の確定 
相続の承認・相続放棄・限定承認なと゜について検討します
4ヶ月
以内
被相続人死亡年の所得税の申告・納付(=準確定申告
10ヶ月
以内
遺産の調査 
遺産の評価・鑑定
遺産分割協議
遺産分割協議書の作成
相続財産の名義変更の開始
相続申告書の作成
納税資産の準備
相続税の申告納付


相続税の計算
相続税は、次の手続きで計算します。

(1)課税価格の合計額の算出 (2)課税遺産総額の算出 (3)相続税の総額の算出
(4)各相続人の税額の計算 (5)税額総額又は控除算 (6)納税税額


課税価格の合計額の計算
課税価格の合計額は次のように計算します。


<取得した財産>+<みなし財産>−<非課税財産>−<葬儀費用>+<相続人が3年以内に取得した贈与財産>


項   目 内   容
取得した財産 現金、預金、有価証券、土地、建物、貴金属、貸付金等
みなし財産 生命・損害保険、退職手当
非課税財産
*墓地・墓石、仏壇・仏具
*生命・損害保険(相続人1人につき500万まで)
相続人が3年以内に
取得した贈与財産
被相続人から相続開始前3年以内に財産を贈与された場合には、
贈与時点での価額を相続税のかかる財産に加算します


課税遺産総額の算出

課税遺産総額は次にように算出します。

<課税価格合計>−<基礎控除額>=<課税遺産総額>


*基礎控除額
5,000万+(1,000万×法定相続人の数)

相続税の総額の算出
課税遺産総額を法定相続人がそれぞれ法定相続分で相続したと仮定した税額を計算します。

<各人の税額>=<課税遺産総額>×<法定相続分>×税率−<通算表の控除額>


法定相続による金額 税率 控除額
1,000万以下 10%
3,000万以下 15% 50万
5,000万以下 20% 200万
1億以下 30%
700万
3億以下 40% 1,700万
3億超 50% 4,700万


各相続人の税額計算
<相続税の総額>×(各人の課税価額÷課税価格の合計額)=各相続人の税額計算

*相続人が、相続人の配偶者、親、子以外の場合は、相続税額の20%が加算されます


相続税の軽減

配偶者の税額軽減
配偶者の課税価額が1億6,000万円以下であるか、 1億6,000万円を超えていても法定相続分
以下であれば、相続税は0です。

未成年者控除
20歳に達するまでの年数1年につき、6万円が控除されます。

障害者控除
70歳に達するまでの年数1年につき、6万円(特別障害者は12万円)が控除されます。


(込み入ったご相談の場合)
弊事務所では、相続について総合的な観点(税務・法律)から、アプローチするため、弁護士と共同して(提携弁護士をご紹
介します)対応することが可能です。



【お問い合わせ】
問い合わせフォームよりお願いします。お気軽にお問い合わせください。



戻る
戻る