節税方法

節税の一例を挙げれば、次のようなものがあります。

                                
所得税
1 確定申告で税金を減らす 還付対象、証券税制
2 遊休地の有効活用 アパートの建築で所得税引下げ
3 不動産購入
建物代金を借入金で賄う(借入金は土地の充当大ほど不利)
4 収用による税の有利な選択 譲渡益5,000万円超は代替資産を選択
5 市街地から郊外への事業用個人資産の買換え 買換特例活用
6 居住用不動産売却損の繰越 自宅の売却損で税金還付
7 確定拠出型年金の活用 損金算入

                               
法人税
1 役員報酬 過大報酬にならない範囲が前提
2 不良債権の損切り 貸倒処理で財務改善
3 役員退職金 退職金支給が法人の税務対策上有利
4 終身保険 経営者の死亡によるリスクを回避するため、法人で終身保険
に加入
5 高収益企業の分社化 中小企業軽減税率の有効活用
6 高増益決算時の税金対策 売却損を計上して税負担の軽減
7 子会社の債務肩代り 子会社整理に伴う整理損活用


譲与税
個人資産
1 配偶者2,000万円贈与の活用 贈与税の負担なしで不動産を妻に贈与
2 住宅取得資金贈与の特例  住宅取得の特例
3 現金贈与と不動産贈与の損得 不動産の贈与は現金より有利
4 値下がり不動産の負担付贈与   負担付贈与で譲渡損をつかう
5 子供名義の保険加入で相続対策 父死亡時解約返戻金を有効活用
自社株
1 自社株相続のための株価対策 株価引き下げ後早目の移転が有利
2 赤字決算時の自社株相続対策 純資産・類似業種共に評価下がる
3 オーナー持株を従業員持株会に譲渡 社長の相続税評価額を下げる
4 オーナー所有株式の資金化対策 関連会社への売却で事業承継


相続税
個人資産
1 相続税の納税と物納の選択  路線価が時価を上回ると物納が有利
2 無税で不動産を後継者に譲る 借地権の会社への移転
3 収益力のある物件 不動産所得の会社へ売却
4 生命保険の活用による相続対策  保険金の非課税枠の活用
5 事業用宅地を相続したとき  小規模宅地評価減50%を活用
6 居住用宅地を相続したとき  特定居住用宅地評価減80%を活用
自社株
自社株評価は大会社が有利 大会社は類似業種比準価額適用
役員報酬と配当のいずれが有利か 配当は二重課税のため法人に不利
分社戦略による株価の引下げ  高収益部門分離で株価下がる
自社株相続直前対策に役員退職金 高額の退職金支出で益金減らす
赤字法人に借地権を移転  赤字法人に借地権を贈与
合併による自社株対策 赤字会社の活用で株価を引下げる
株式交換を使った株価対策  株式交換による株価引下げ
投資育成会社の活用 評価額が引下がる第三者割当増資
会社分割を使った事業承継 会社分割を使って事業を分ける



【お問い合わせ】
問い合わせフォームよりお願いします。お問い合わせください。



トップへ
トップへ
直前頁
直前頁